月別アーカイブ: 2017年3月

コスト削減になる

そして、最もなECサイトでのクラウドサービスのシステム導入に関しての大きなメリットといえば、やはり、クラウドシステムの導入を行っていく事により、それまで面倒であった、新たなサービスコーナーのシステム設置の作業においての、細かいデータ作成などの煩わしさが無くなるといった点が挙げられます。これにより、かなりなコンピュータープログラム作成面での負担が減るだけではなく、ECサイトにおいての新コーナーの構築や設置そのものにおいての、時間的あるいは経費的な諸面においてのコストの負担が掛からなくなりますので、そうした点で本当にありがたいメリットがあるものと考えられます。

ただし、やはり、そのもう既に構築かつ立ち上げをしているECサイトそのものと、それに事後的に導入を行うクラウドシステムサービスの両者による対応面においての、相互のデータ交換あるいは変換などの面において、それらが健全なやり取りをしていけるかが大きく関わってきたりする点には間違いがありません。こうした事などを踏まえたりしたうえで、出来れば事前に、ECサイトと自身が導入をしようと考えているクラウドサービスの、それぞれの両者のシステム上での対応関係がどうなっているのかを、ようく確かめておく事がとても大切です。

カスタマイズできる

事後においてのクラウドサービスの導入に関しての内容の続きになりますが、導入そのものがカスタマイズ、あるいは導入をしてから後のカスタマイズ、何れかのカタチになるものと考えられます。前者の場合、特定のあるクラウドサービスの導入あるいは自ら作成をした独自のクラウドシステム下に既存の自身が作成をしたECサイトのページを当てはめて、そのうえで運用をしていくなどといったようなカタチになります。

これに対して後者の方はというと、クラウドシステムを既存の自ら作成をしたECサイトへ導入をしつつ、その後において、様々な設定や仕様の変更などを行いながら、カスタマイズを事後的にしていくというやり方の流れになります。これらの2つの大きな違いといったものが、これらの両者にはあります。ただ、何れのカタチでの場合においても、クラウドサービスのシステムを導入しながら、事前あるいは事後において、カスタマイズなどをしていくという点については全く基本的に同じであるといえますので、それ程は難しくは無いのかもしれません。ただ、そうしたそれらのカスタマイズを行っていく際においてはやはり、ある程度のプログラム作成面においての演算や変数計算などの知識が必要になってくるような場合も考えられますので、その点は覚悟をしておく必要があるかもしれません。

ECサイトのクラウドサービスって?

ECサイトのクラウドサービスについてですが、これはあのインターネット上のクラウドシステムを利用して物の売買を行うための、インターネットサイトシステムの事を指します。つまり、独自に運営をしているウェブサイトなどで販売をする商品に関しての情報の読み込みや宣伝、そこでのサービスを、クラウドシステムという、インターネット上における、ある一定の仮想空間の環境を利用しながら、そこでの取引を行っていくためのサービスの事を言います。柔軟なインターネットアクセスのためのネットワークの形成といったものが可能であり、そのうえ、販売ルートのユーザーの方に確保をしやすいあり方の取引ルート構築などもやりやすいですので、そういった点でも大変ありがたいといえます。

また、ネットワーク構築だけではなくて、それ以外の特典サービスや娯楽サービスなどを扱うネットワークの構築とかも可能になっていますが、クラウドシステムの下でそれを行う事により、さらなる新コーナーのサービスネットワークを付与あるいは設置とかも可能になりますので、本当にイイ事ずくめといえます。また、ECサイトでのクラウドサービスの導入のあり方としては、もう既に立ち上げている自らのECサイトに、新たにそれまで導入をしていなかったクラウドサービスのシステムを導入出来たりする事が可能な場合もあったりします。もちろんその際には既存のECサイト自体のそのもののOSバージョンとかも関わってきますが、対応しさえすれば、大変便利になるものと思われます。